NEW POST

7号食日記・回復食編④、まとめ

いよいよ回復食も今日で終わりです。

4日目の今日は

・玄米
・具入り味噌汁
・お野菜の1品
・動物性を使ってもよい1品

と、もう普通食ですね。

これが4号食だそうで、これを実践するとかなりよいみたいですよ。

冷凍庫に寂し気にころんでいたシャケの半切れ。
f0331651_18361535.jpg


筍を頂いたので木の芽和え。
f0331651_18361699.jpg

初めて作りました、美味しかった☺︎

包むの失敗したミニ野菜オムレツ。
f0331651_18361608.jpg

卵食べました!卵っておいしいねぇ☺︎

これらに玄米と具沢山味噌汁です。
ホントに味付けが薄くなりました。
食後は口から胃にかけてしばらく味で支配されます。ちょっと重い。

さて、お腹の調子といえば。

7号食最期の日のお腹は割と触りやすいほぐしやすいお腹とお伝えしましたが、回復食が始まったとたんに随分硬くなってます…。マクロビゆき先生のお腹みたいになれると喜んでたのに!
私はいつも左が硬く固まっていますが、それがもうホント硬くなっていました。
だけど7号食前よりは明らかにいいです。硬い場所は小腸のみ。
他痛いところ硬い所ございません。

7号食中かなり減ってた玄米の摂取量が普通に毎食一膳になり、さらにおかずが増え、総摂取量が急に増えたからかな。
私の場合、胃腸があまり強くないので、もっともっと厳格な回復食にした方が良かったかもしれません。

ただ、7号食中、だいぶ便秘やったのですが、回復食に入ってからは良好です。これはチネイザンのおかげなのか、回復食のおかげなのかはわかりませんが。


◉7号食中のまとめ・気づいたこと◉

7号食中・後の体調
・最初3日ほどはひどい頭痛、その後は快調。
・激しく動かない限りはいたって体は軽い。
・後半は睡眠不足以外は絶好調。逆に睡眠不足は致命的。
肌への効果
・前半に土色っぽくなった。(たぶんデトックス効果)
・日が経つほどに良好。
・毛穴が小さくなった。
睡眠
・寝つきがよい。
・睡眠の質がいいように感じた。
・目覚めが良すぎる。朝ニガテですが起きる時間が早くなり、しんどさや気怠さがなくなった。
精神状態
・初日に何も食べれないことに絶望感に似た気持ちが。100回噛むことにストレス。
・2日目からは持ち前の気力で食に対する願望はなくなる。
・だんだん玄米を食べるのがイヤになり、空腹を満たす分しか食べなくなる。
・玄米せんべいや玄米饅頭作りだす始末。割と美味しくて持ち直す。
・辛さは4日目まで。あとは必要分の玄米を摂取して過ごすといった感じ。

回復食に入って
・とにかく薄味になった。
・咀嚼回数が増え、1つ1つ丁寧に食べるようになった。
・調理が丁寧になった。より楽しい。


こんなトコロでしょうか。

デトックス効果感はしっかりあったと思います。肌の調子がいいし、体が軽いです。

そして、食事に対して新たな感覚が足された気がしました。

元々、普段の食事は野菜好きの和食中心でこの回復食のような地味なものが多いですが、その分甘いものやお菓子、フルーツ・パン大好きで、よく食べる私です。外食ではがっつり食べます。
私にとって食べることは、「おいしい」・「幸せ」で、心を満たす行為でもあります。

この10日間、玄米のみを食べることでその感覚がストップされ、『ただ動くために必要分の食べ物をエネルギーとして摂取する』という感覚でした。なんというか、もう生命活動の維持ですよね。

まさに食のリセット。

そこからの回復食。
自然に1つ1つをしっかり噛みながら丁寧に食べることができました。
味覚がリセットされていたので、ほんとに薄味のモノでも、人参って、玉葱って、こんなにあまくて美味しかった??とびっくりです。

食べたいと思うものを丁寧に作り、必要分だけ食べて満腹満足。
これが一番健康的な食の感覚なんやろな・と思いました。

ゆるくて割と怠惰な私はこんな健康的な食生活がいつまでも持たないとは思いますが、この感覚が得られただけでも7号食をやり遂げて良かったと思います。

きっと食べ過ぎた時には節制しようと思うやろし、プチ7号食も取り入れていくつもりです。
玄米食はこれだけの効果を発揮してくれたしやっぱりおいしいので、これからもちょいちょい続けたいな。

デトックス目的で何気にはじめた7号食。気づくこともいっぱいあったし、やってよかったです。

今日で2週間の7号食日記もおしまいです。

見て下さった方、ありがとうございましたー



あ、ちなみに体重の減りっぷりは-2.5Kgのみでした。体重じゃなくて体脂肪を測ってなかった事だけが心残りです。



















[PR]
by fafayossy | 2016-04-23 00:02 | 健康 | Comments(0)

『てのひら』の日々。


by fafayossy